雑誌やメディアでも人気のプラセンタサプリ

現代の女性は若いうちから美容と健康に関心が高く、30代40代と歳を重ねてもいつまでも若くてキレイな人が本当に多いですね。

それは美意識の向上という理由の他にも、高機能化粧品が増えてきたりエステを利用する人が増加したり、美容外科などのクリニックに対するハードルが低くなってきたりなど、さまざまな理由が考えられますが、中でも美容・健康を支える食品やサプリメントの品質の向上も欠かせない要素のうちの一つだと思います。

例えば、ビタミンCが美容に良いことは今や常識ですが、さらに体に必要なビタミンをバランス良く取れるマルチビタミンが出てきたり、肌に良いとされるコラーゲンを有効的に取れるように開発された美容ドリンクが多く出回っていたりすることからも納得です。

中でも美容と健康に即効性と高い効果を実感することのできるプラセンタサプリは、近頃雑誌やメディアで多数取り上げられるほど人気を集めているもののうちの一つなのです。

今回はそんな注目を集めるプラセンタサプリについてためになる情報をお届けします。

プラセンタの選び方

選ぶなら豚プラセンタ?or馬プラセンタ?

小さな受精卵をわずか10か月で人間らしく成長させることのできる驚異のパワーを秘めた胎盤=プラセンタですが、人間から取れるプラセンタは主に医療機関での注射薬として利用されており、プラセンタサプリメントやドリンクには哺乳類の胎盤から作られています。

今ではこのプラセンタサプリが大人気となっており広くさまざまな種類が発売されているのですが、中でも使用している成分として豚由来のものと馬由来のものに分かれます。

けれどもどちらがどれほど有効的なのかわからずに飲んでいる人も多いかと思いますが、一般的には馬由来の方が豚由来よりもアミノ酸などの有効成分が豊富に含まれていることが知られており、馬由来のプラセンタエキスを配合したサプリメントが、より効果を実感したい人にはオススメです。

プロテオグリカンなど最新の美容成分が豊富

プラセンタサプリを選ぶ上でその成分の由来を確かめることが重要ですがさらに配合されている他の美容成分についてもよく確認しておくことをオススメします。

なぜならば、プラセンタサプリを飲む際に一緒に取る成分も体にしっかりと行き渡るため、美容成分を別々で取るよりも非常に効率が良いためです。

さて、中でもオススメの成分が、今話題の鮭の鼻の軟骨より採取したプロテオグリカンと呼ばれる成分です。これは1グラムで6リットルの水分を保持することで有名な美容成分であるヒアルロン酸を上回る保水力を持つと言われており、高い美容効果で人気となっているためです。ほかにも、良く知られているコラーゲンやヒアルロン酸と言った成分もあります。女性はこのコラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタの三大美容栄養素にとても敏感ですよね。

次々と新しい美容成分が出てきているので、最新情報をキャッチしていくことも大切ですね!

安全性に優れ口コミランキングで人気のサプリ

プラセンタサプリメントを選ぶ上ではいくつかのチェックポイントがありますが、やはりもっとも重要なのは何と言ってもまずはその安全性が確保されていることにあります。

胎盤と聞いてウィルスや品質面で不安に思う人も中にはいるかと思いますので、そのあたりの不安をしっかりと取り除くことのできる安全性がきちんと示されているサプリを選ぶべきです。

また、実際に試した人の信頼できる口コミがたくさん寄せられていることも重要な判断基準です。少数の人だけが評価しているのではなく、例えば口コミランキングのようなたくさんの確かな信頼のおける口コミの評価に基づいたランキングで上位にあるプラセンタサプリであれば、信頼度も高いと言えるでしょう。

プラセンタの正しい摂取方法

ドリンクタイプのプラセンタは美容にいい?

今やプラセンタは大変なブームとなっており、関連する商品が多数発売されています。プラセンタ配合の化粧品にプラセンタサプリ、プラセンタドリンクなどさまざまです。

中でもプラセンタは体の中からダイレクトに作用するのが特徴的なため、サプリやドリンクタイプが人気を集めていますがどちらがより効果的なのでしょうか?プラセンタ抽出エキスを配合している点ではサプリもドリンクも同じですが、実はドリンクタイプではよりプラセンタの味が強く感じるため、その臭いを無くすための調整が必要となります。

一般的な容量は50~100mlくらいですが、飲みきってもらうためにもレモン味、グレープフルーツ、ピーチなどの糖分類を配合するなど余分な成分がドリンクタイプには入っています。このため、サプリメントに比べて純度が低くなる可能性が考えられます。

直接体内に取り入れるプラセンタ注射とは?

プラセンタは体の中から取り入れるのが非常に有効なため、プラセンタ注射を行った方がよりダイレクトに効果的ではないか?と思う人もいるかと思います。

プラセンタ注射では人の胎盤が使用されます。このため、予想できない何らかの副作用がある可能性は否定できません。ですが、プラセンタ摂取には色々な制約があり、例えばプラセンタ注射をした人はヤコブ病の感染の危険性があるため献血はできません。また、定期的にプラセンタ注射を打つと肝障害が起こる可能性も指摘されています。

実際に、プラセンタ注射をクリニックなどで打つ場合にはこれらの可能性があることを理解しそれらに対して自己責任であることに同意した上で注射を打つことになります。クリニックによっては同意書、承諾書にサインを求められることもしばしばあります。

プラセンタ注射は安全性の高い今では一般的な美容注射ですが、リスクを承知でメリットを取るという選択を自ら行うということを覚えてきましょう。

もっとも効果的かつ安全性の高いのがサプリ

このようなことから、プラセンタエキスを効果的かつ安全に使用したいのであればドリンクタイプやプラセンタ注射を打つよりも、プラセンタサプリを取るのがもっとも安心で安全な方法であることがわかります。

確かに、それぞれを試すことのメリットももちろんありますので、自分の体質や目的に合った方法を選択することが一番ですが、もしコスパが高く効果的な方法を望むだり、継続的な効果を期待するのであればサプリメントを選択するのが良いでしょう。

どっちが効果的?サプリorドリンク

ドリンクとサプリメントではどちらがいい?

プラセンタが美容や健康にとても良い作用を発揮することは今では一般化してきていますが、それに伴って関連するサプリメントやドリンク、プラセンタ配合化粧品などさまざまな商品が揃っています。

中でも、体の中からプラセンタを有効に活用したいのであればサプリやドリンクタイプがオススメですが、これらにはどのような違いがあるのでしょうか?基本的にはプラセンタエキスを配合していることに違いはありませんが、ドリンクタイプは即効性があるものの1本の価格が高い物だと1000円近くするものもあります。

経済的に余裕のある方は毎日のプラセンタドリンクでも大丈夫でしょう。ですが、毎日500円以上の出費はなかなか女性には痛いですよね。手軽にそして持続的に効果を感じたいのであればサプリメントがオススメです。

ドリンクタイプでは飲みやすく工夫されていますが、その分味を調整する果糖類が多く含まれているので商品によってはサプリメントの方がプラセンタ含量が多い場合もあります。

ドリンクタイプの特徴と続けやすさについて

プラセンタドリンクには飲むとすぐに違いを実感しやすいというメリットがありますが、飲み続けるにはコストが高く割高になるのでなかなか続けにくいというデメリットがあります。

プラセンタは継続して摂取することで、体の中から美容効果を高めていくことのできるすばらしい成分ですが、何よりも続けないと意味がないので、毎日手軽にとることのできるタイプを選ぶことがとても大切です。。

ここで1ヶ月あたりの費用について比べて手軽さという軸から見てみます。

例:1本500円のプラセンタドリンクを毎日1本×1ヶ月の場合
  500円×30日=15,000円

  1粒40円のプラセンタサプリを毎日3粒×1ヶ月の場合
  120円×30=3,600円

費用感(色々な商品の平均価格です)で見てみるとサプリメントの方が続け安さがあります。

また、サプリもドリンクもどちらも低カロリーでプラセンタを取ることができる点には変わりありませんが、ドリンクタイプの方がサプリメントよりもカロリーが高いです。平均で80kcalほどあります。

プラセンタの種類

豚由来のプラセンタの特徴と安全性について

プラセンタを摂取する上で、サプリメントで取るのがもっとも効果的な方法であることを説明してきましたが、プラセンタの原料はいくつかあります。その原料の豚由来について少し説明しましょう。

一般的にプラセンタの原料は豚由来、馬由来、植物由来、そして注射に使用される人由来のものがあります。が、実際人由来のプラセンタはサプリでは使用しませんので豚、馬、植物のどれかを選ぶことになります。

これらの中でもっとも多く利用されるているのが豚由来のプラセンタです。豚は病気を防ぐためにさまざまなワクチンや薬剤を投与されている可能性が高いため、安全性をよく確認する必要があるからです。

植物性プラセンタの由来と動物性との違いとは

比較的安価で手に入る豚由来のプラセンタは、コスパ的には魅力ですが病気にかかりやすく安全性を考えると徹底した品質管理を行っているものを選ぶ必要があるため、さほどコストが下がるという訳ではありません。

また、近頃では植物性のプラセンタという成分を聞きますが、そもそもプラセンタとは動物の胎盤を意味するため本来のプラセンタとは似て非なるものです。

植物性プラセンタの名前の由来は植物の成長の栄養となる胎座と呼ばれるものがありこれを英名でプラセンタと呼ぶことからこの名前が付いたのではないかと思われますが、動物性のプラセンタとは「成長因子」と呼ばれる成分を含んでいない点に決定的に違いがあり、現在、植物プラセンタの商品化は化粧品などがメインで体内服用するサプリ等の商品化は進められていません。

馬プラセンタの有効性と安全性の高さについて

現在、豚プラセンタよりも重宝されているのが馬プラセンタです。

プラセンタに使用される馬はサラブレッドであることが多く、徹底した食事管理、品質管理のもと血統も良好さを維持させます。よりよい品質の胎盤から得られたプラセンタでサプリをつくることが可能と言うことに加え、馬は豚よりも体温が高く寄生虫などの心配がいらないため、予防接種などもワクチン接種が低いことも挙げられます。また、豚に比べて馬はもともと病気にかかりにくく丈夫な動物なので、そこから生み出される胎盤も薬剤の影響を受けることがないといわれています。

最近では羊由来のプラセンタも出てきているようですが、動物性のプラセンタの中で今もっとも優れた効果を発揮するのは馬由来のプラセンタでしょう。

アミノ酸が豊富な馬プラセンタ

人間の体に欠かせないアミノ酸の特徴について

人間の体に必要とされているアミノ酸ですが、そもそもアミノ酸とはどのようなものなのでしょうか?

私たち人間の体は約7割が水分、2割がタンパク質といったアミノ酸で構成されています。タンパク質とはアミノ酸の組み合わせによってできており、筋肉や血液といった体を組織している必要な要素だけではなく皮膚や髪の毛、コラーゲンなど体の必要な部分を作っています。

このように人間という複雑な生物を作っているアミノ酸ですが、実はその種類は20種類しかなく、アミノ酸の組み合わせによってできるたんぱく質の数は10万種類にも及ぶと言われています。このようなたんぱく質が体を作っていることを考えると、その元となるアミノ酸は人間にとって非常に重要なものなのです。

アミノ酸の種類と摂取の方法やその働きとは?

それではこのアミノ酸とはどのような仕組みによって体内に吸収されて、私たち人間の体を作り上げているのでしょか。

私たち人間は毎日の食事の中で肉や魚、野菜などからたんぱく質をとっていますが、このたんぱく質は体内に入ると胃や腸で消化されてアミノ酸に分解されます。さらにアミノ酸に分解された後に、筋肉や皮膚、血液といった体のなかのさまざまなたんぱく質に作りかえられるのです。このアミノ酸は、必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分けられ、20種類のアミノ酸のうち11種類は他のアミノ酸から作り出すことが可能ですが、残りの9種類は体内で作り出すことができません。

実はこの9種類を必須アミノ酸といい、体外からしか摂取することができないのです。

人間にとって素晴らしい働きを持つプラセンタ

この必須アミノ酸はどれか1つでも欠けると肌や体に不調を起こすと言われています。

具体的な9種類とはバリン、リジン、ヒスチジン、ロイシン、メチオニン、トリプトファン、スレオニン、フェニルアラニン、イソロイシンですが、中でもリジンはコラーゲンの生成を助けてくれたり、イソロイシンは保水効果のある頼りになる成分と言われています。

人間の体にとって非常に大切な働きをする必須アミノ酸を含めた有効成分をたっぷりと含んでいるのが実はプラセンタと言われていて、プラセンタの原料において品質と安全性が高い馬由来のプラセンタが多くの商品に利用されています。

体に必要なアミノ成分からみてもプラセンタが持つ有効な成分は美容と健康面からみても馬プラセンタサプリがもっとも効率的かもしれません。

摂取したい美容成分

コラーゲンについて

化粧品やサプリメント、食品にもコラーゲン入りの商品が数多く発売されており、肌に良い美容成分の代名詞でもあるコラーゲンですが、そもそもこのコラーゲンとはタンパク質の一種でもともと体の中に存在している成分です。

体の中のあらゆる組織に存在しているため、その重量は体重の1/15にも及ぶほどです。コラーゲンは、私たち人間の持つ60兆個を超える細胞と細胞の間に存在しており、細胞をつなげて組織を作ったり活動を維持するために、それらの活動を維持するために非常に重要な役割を果たしている成分なのです。

この健康な人間の体の維持に必要なコラーゲンは年齢とともに減少していってしまうため、サプリなどで補う必要があるのです。

ヒアルロン酸について

わずか1グラムで6リットルの水分を保持することができるヒアルロン酸ですが、体内には水分の多い組織である皮膚や関節液、へその緒に心臓の弁膜、大動脈に腎臓や眼球に存在していると言われています。また、鳥や牛といった動物にも存在しています。

このヒアルロン酸は各組織にあって保湿性が高く、細胞の間に水分を蓄える働きや弾力性によりクッションのような効果を発揮するため、関節などの潤滑剤といった役割を果たしているのです。

またヒアルロン酸は化粧品や医薬品として用いられていますが、このヒアルロン酸をしっかりと肌の中に確保するためにはコラーゲンも対になっている方が有効です。

コラーゲンとヒアルロン酸は相性の良い成分と言えるでしょう。

こんにゃくセラミドについて

低カロリーで食物繊維が豊富なこんにゃくはダイエット食品としても人気ですが、このこんにゃくに含まれるセラミドが実は肌に良い美容成分であるということをご存知でしょうか?

こんにゃくには植物性セラミドと言われる成分がたっぷりと含まれており、この植物性セラミドは非常に浸透性が高い上に安全性も高いので、アレルギー体質の人が摂取しても問題のない成分として注目されています。

この植物性セラミドであるこんにゃくセラミドは、保湿効果に優れており皮膚の水分を保ってくれたりメラニンの合成を防いでくれる役割を持っているのです。さらにこのこんにゃくセラミドは、口からの摂取でも効果を発揮しれくれるので、サプリメントでもオススメです。

ビタミンCについて

ビタミンCとは、別名をL-アスコルビン酸といい水溶性のビタミンです。ほとんどの動物はこのビタミンCを体内で作り出すことができるのですが、人間はこのビタミンCを体内で作り出すことができないため、野菜や果物から摂取しなければならないのです。

このビタミンCが不足してしまうと、肌荒れや体の不調を引き起こすだけでなく壊血病になる恐れもあるのです。このためビタミンCは体内でコラーゲンを生成する助けになるだけではなく、重要な抗酸化物質として役割を持っているのです。

ビタミンCは水に溶けやすく、食品を洗ったり熱を加えるだけでも壊れてしまうので、安定してビタミンCを摂取するのであればこまめにサプリメントなのでとることをオススメします。

プロテオグリカンについて

プロテオグリカンと言うとあまり聞きなれない人が多いかと思いますが、グルコサミンやコンドロイチンと言えば聞き覚えがあるかと思います。

プロテオグリカンとはグルコサミンやコンドロイチンのおおもととなる成分であり、その働きとしては主に保湿と話題のEGFのような働きを持っています。

EGFのような働きとはひとことで言うと細胞の成長を助ける働きのことであり、その優れた働きによって今では化粧品やサプリメントに配合される人気の成分となっているのです。

また、細胞の真皮や軟骨といったところに多く含まれているため、水分を保って保湿力を高めてくれるので、うるおいやなめらかさといった作用を発揮するのにとても優れている美容成分なのです。

コンドロイチンについて

コンドロイチンという名前は、軟骨を意味するギリシャ語の「コンドロス」に由来しており、その名の通り関節軟骨に多く含まれています。

また、コンドロイチンは関節軟骨だけに多く存在しているという訳ではなく、脳神経など体の中のほぼすべての組織に存在してそれぞれにおいて重要な役割を果たしている成分なのです。

近年のライフサイエンスの分野で注目されている成分にたんぱく質とDNAがあげられますが、第三の生命鎖としてもっとも注目を集めているのがムコ多糖であり、それを代表するのがこのコンドロイチンなのです。

このため、このコンドロイチンを含んだサプリメントなどの健康食品が多く出回っており、美容と健康に良いとされているのです。

エイジングケアへの働き

プラセンタの持つ美肌へのはたらきについて

プラセンタと言えば、胎盤の持つ驚異的なパワーにより健やかな肌を保つだけではなく、体の中からキレイを支える成分として今や女性の間でとても人気を得ている成分なのです。

これらの働きはいったいどのようなしくみによってもたらされているのでしょうか?
そもそもプラセンタとは赤ちゃんを育てるためのあらゆる栄養素を提供し、有害な物質から赤ちゃんを守るフィルターの役割をするほか、赤ちゃんの未発達の臓器の代わりをもすることのできるものなので、そこに含まれるパワーは絶大なものを秘めています。

そんな胎盤の力を借りたプラセンタに含まれる成分が、まるで赤ちゃんのような美しい素肌を作り出すのに必要な要素をすべて兼ね備えていることは納得ですね。

美しい素肌を保つための秘訣としくみとは?

ここに記載したように素晴らしい効果を発揮することのできるプラセンタですが、特に人由来のプラセンタでは医薬品として活用されてきた40年以上にもわたる歴史を持っているため、その分分析データも豊富に蓄積されています。

けれども医薬品なので医師しか処方することができず、1アンプル1000円~2000円(1回につき平均2アンプル摂取します)と高額のためなかなか一般の女性が継続できるエイジングケアではありません。そんなプラセンタを豚や馬といった動物のエキスを抽出することによって一般的に広く手に入るようになったのがプラセンタサプリであり、その美容への確かな働きが美意識の高い女性の間で今や必需品となりつつあるのです。

即効性を見てとることは実際難しいですが日々サプリメントとして口から摂取されたプラセンタは、血液中に取り込まれて全身に行き渡り必ずや皆さんの悩みを解消してくれる1つになるに違いありません。

驚きのプラセンタパワーでいつまでも美しく

プラセンタがもたらすすばらしい効果としては、サプリメントとして飲んだ場合に血中に取り込まれて全身に運ばれ、そこから活性酸素を取り除いてくれたり体の中の傷ついた組織を元に戻す手助けをする役割を果たしたりします。

また、肌自体が生まれ変わっていくのをサポートするなど、いつまでもキレイで健康でありたい人には欠かすことのできない美容成分であると言えるでしょう。ただし、これらは体内できちんと吸収されることによってそのすばらしい作用を発揮するので、胃腸が弱っていたりすると十分にその役割を果たせない可能性が出てきますので注意が必要です。

さらに生活環境によっても効果に差が出てくるので、長い期間飲むことをオススメします。

シワ、たるみ、シミへの働き

しわに悩む女性に試してほしいプラセンタ!

肌トラブルとして多くの女性が抱える悩みの中に、加齢とともに深刻化するしわがあげられます。

しわの原因としては、眉間にしわを寄せるなどの表情筋のクセなどもありますが、もっとも深刻な課題としてはやはり加齢による肌の弾力の衰えです。肌がうるおいや弾力を失いしわができていくのは、歳とともに進行するので仕方ないことではあるのですが、この進行を少しでも食い止めることができるのが、美容に効果的な栄養素をたっぷりと含むことで人気のプラセンタなのです。

このプラセンタにはEGFのような働きがあることが認められており、いわゆる成長因子と呼ばれるものがしわやシミ、乾燥といった肌のあらゆるトラブルを解決に導いてくれるのです。

老化対策にプラセンタパワーでずっとキレイ

加齢とともに進行する老化は、女性の体のあらゆるところにその症状を引き起こします。例えば、肌の衰えや体の不調、関節の痛みや髪の毛が細くなってツヤがなくなるなどさまざまです。けれども女性は特に、いつまでも若々しく健康でいたいと願うものですよね。そのような人に今非常に人気を集めているのが、胎盤の持つすばらしい働きをぎゅっと詰め込んだプラセンタパワーなのです。

このパワーを凝縮したプラセンタサプリを毎日飲むことによって、気になる老化の症状などをリセットしていつまでも若く健康でいられるような助けをしてくれる働きを持っているのです。

体の調子を整えてリセットするプラセンタの働き

美容成分として有名なコラーゲンやヒアルロン酸ですが、これらはもともと体内に存在している成分です。

もちろん美容に良い成分なのですが、加齢とともに失われていくのでそれを補うために摂取する成分でした。けれどもプラセンタはまったく新しい発想の働きをする成分なのです。それは、プラセンタで体があるべき元々のニュートラルな状態にリセットするというものです。

そもそも体の調子が悪い時にいくら美容成分であるコラーゲンやヒアルロン酸を取ったとしても、体の中で有効活用されずに排出されてしまいます。コラーゲンは、そもそもの体の調子のバランスを整え良い状態にリセットしてくれるので、あらゆる悩みにこたえてくれる万能パワーを持っているのです。

乾燥シーズンにこそプラセンタ

肌の潤いを保つために必要なターンオーバー

乾燥が気になる季節では、しっとりした潤いのある肌を誰でも手に入れたいと思うものですが、そもそも肌の潤いを決定する要素とはどのようなものがあるのでしょうか?

肌の潤いは肌表面の角質層にある水分量によって決まります。表皮は0.06mm~0.2mmと非常に薄く、目元では0.07mmと極薄です。また、角質層には体の内部と外部とを隔てる層となっているので、細菌やウィルスなどの侵入を防ぐという重要な役割を担っているのです。さらにはやけどや傷などを負った際には、皮膚の表面が剥がれ落ちてしまうため感染症となるリスクもあるのです。

保護膜の機能を持つ表皮ですが、細胞はすでに死んでいるので古いものから剥がれ落ちていきます。

肌をリセットして健やかに保つプラセンタの力

この不要になった古い細胞が剥がれ落ちていくのを肌のターンオーバーと言いますが、正常な状態ではおよそ28日周期で角質層は剥がれ落ちていきます。そして水分を含んで新しい角質層が次々と表皮に表れるので肌表面は潤いを保っている状態となるのですが、このターンオーバーがうまく働かないといつまでも肌表面に古い角質層がとどまってしまい肌表面は乾燥した状態となってしまうのです。特に、30代以降にかけてはこの肌のターンオーバーの周期が40日、50日、ときには60日となっていく場合があります。

加齢とともに代謝が落ち、ターンオーバーが促されないからです。プラセンタは肌の状態をリセットしり補助的な役目として、お肌の水分量をバランスの良い状態へと導いてくれる役割を持っています。例え古い角質がたまっていても一時的ではありますがプラセンタの力で健やかな状態にまでリセットして、正しいターン周期に戻るよう働きかけてくれるのです。

乾燥の原因を探って潤いのある美しい素肌に

肌の乾燥の原因としては、肌のターンオーバーがうまくいかないことによる肌表面の乾燥もありますが、この他にも洗顔などの洗い過ぎによって過度に皮脂を取り過ぎることによる乾燥や、シャンプーやコンディショナーなどに含まれる成分が皮膚に付着することによって起こる乾燥、冷暖房によって室温や湿度の変化がもたらす乾燥、衣類の繊維の種類によって摩擦が生じることによる乾燥などさまざまです。

肌の乾燥は放っておくとどんどん進行して深刻化する症状です。肌にダメージを与えるだけではなく、老化を進めるもっとも危険なサインのうちのひとつですので、美肌を目指す女性の大敵と言えます。。

特に年齢による肌の乾燥が気にある方は、原因を探りひと時でも肌を乾燥させないことが重要です。